FC2ブログ

Article

                   
        

覚えていますか? あれから一年、 判決出ました。

category - 雑記
2014/ 01/ 13
                 

あれは一昨年の事でした。
どうかおねがい
先週の金曜日、結審しました。
このブログから署名の協力してくれた方は
10人を超えました。
傍聴に行かれたワンコ友達もいたそうです。

ママさんへの慰謝料に対し17万。
主人の慰謝料に対して10万。
謝罪、葬儀費用は棄却。
裁判費用は相手との折半。

ワンコは物、
としての判決でした。
命としては
認めてもらえませんでした。

残念でなりません、



追記
この記事
反響が大きくて
びっくりしました。
これを機会に、
知ってる?
こんな話があったんだよ。って
周りの人に
お話をしてあげてください。
家庭で、
友達に、
営業のネタに、
ペットを飼ってる人って
物を買った訳ではなく、
命を預かる、
家族の一員って思ってるんだねって。
いろんなところから
そんなお話が聞けると
いいな。。。

ポチッとね。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
このままでは終われません。
bana
ありがとです。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
なにがあったか 去年の記事は辛くて読めませんが、、 うちも 以前飼ってたボルゾイが 骨折の手術で、、病院の麻酔のミスにより、、殺されました!!!!!!!!!!!!!!

骨折だけで 命まで取られません!!!!!

手術しないで ギブスで固定とゆう形で治るものなら、、と言いましたが、、犬種がら きちんと手術した方がイイと言ったのは 病院側です!!!!!!!!!!!

その時の私たち家族の精神状態は 言葉では語れません!!!!!!!!!!!

院長が素直に 認めるならまだしも、、、 「ボルゾイとゆう犬種は 麻酔が覚めにくいから、、、」

耳を疑いました。。「はっ!!!医療のプロやったら、、!! 分かってたんやったら、、早く済ませて欲しかった」

一別の別れも無く、、突然切り裂かれた家族。。。

うちは相手が病院。。。 手術当日は 朝ごはんも抜きで、逝ったあの子、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

悔まれて悔まれて、、、、、、、、、、、、自分を責めて責めて!!!!!!!!!!!!!

悔しくて、、裁判も考えましたが、、動物は器物破損で  相手に大した罪は問えない。。と聞き諦めました。。。。。。。。。。。。。

動物病院選びも 気を付けて欲しいと思います。。
はじめまして。
毎日、blog読ませてもらっています。我が家にワンちゃんを迎えたのは去年の5月の事です。まだ1年経っていませんが迎えた時からワンちゃんの幸せを願い、我が子同然暮らしています。ワンちゃんはしゃべれませんが確かに感情を持っています。だって喜怒哀楽の表情ありますよね?感情があるのに、物扱いだなんて考えられません。こんなペットに対する考え方が変われば捨て犬だってもっと減るんだろうし、この様な裁判の判決も変わるんだろう…兵庫県で起こった事故の様で…私の出身県…何とも言えない辛い気持ちになります。人として命の事考えさせられました。同じ様な事故が二度と起こりませんように。ペットに対する考え方が少しずつでも変わりますように。まず何かやれる事探してみようと思いました。
No title
当時はまだブログを始めておらず、
協力できなかったことが残念でなりません。

わんこやにゃんこ・・・
人間以外の生き物を「器物」と言ってしまう、
そんな法律は、どう考えてもおかしい。

私もことあるごとに訴えて行きます。
No title
こんにちは。
こんなにも酷くて悲しい事件があったのですね。。。
スミマセン、知りませんでした。。。

ガンジーの有名な言葉があります。
『国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る』

日本ももっともっと人間以外の"命"のこと、大切にする国であるべきですよね。こんなにも動物を"家族"として迎える人が増えているのですから。
本当に、このままでは終われませんね。
No title
恥ずかしながら、今回初めて記事を目にし、
信じられない気持ちでいっぱいでした。
なぜすぐに動物病院へ連れていかないのか?
逃げる?意味不明すぎます。

昔のことですが、うちの父が営業中に車を運転している時、
わんちゃんに少し接触してしまったんだそうです。
その時は急いでお得意様のところへ行かなくてはいけなく、
バックミラーで確認したところ、大丈夫そうだったので、
ひとまずそのまま仕事へ行ったそうなのですが、
そのあとすごくすごく気になって、その場所へ行き、菓子折りを持って飼い主さんへ謝罪に行ったそうです。
幸い、わんちゃんは怪我をしておらず大事には至ってなかったそうですが。

まずは自分が犯した過ちに対して「謝罪をする」っていうのは、
人として当たり前のことだと思うのですが、そうでない方もいるんですね。

飼い主さんのことを考えるととても胸が苦しいです。
No title
はじめまして。
毎日ブログ拝見しています。
私も協力させて頂きましたが本当に残念でなりません。
No title
悲しい現実です。。。

命と認めると 動物の取り扱いに対し業務が増えてしまうからかな。

絶滅危惧種は手厚い法律があるのに。
みんな同じ命なのにほんとに残念です。
No title
署名集められてた時にブログをやってなかったし
らみぱるもまだお迎えしてなかったので
ご協力できなくて 残念です><

私は昔 大手損保会社にお勤めしてた事があり
犬=物 物損事故として処理する
という現実を知ってました。

家族同然に一緒に生活してた子を
物としてしか見てくれないと
納得がいかず 泣いてるご家庭も沢山見てきました。

今では らみぱるが自分の子どもと同じように
一緒に生活してるので もしうちの子が
このような被害にあったら と
その時 分かってはいるが法律を恨むだろうなと思ってしまいました。

裁判の時 過去の判決の事例を参考に
判決がでますけど 過失割合が変わったり
金額とかが変わってくるだけで
犬=物 これは覆す事ができません。

どうにかして この判例を覆したい。
そう思った記事でした。

どこかでこういうお話があった時
私も一緒に戦っていきたいです。
自分の子の為だけでなく
世の中の愛犬家皆様の為に・・・


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
犬だって猫だって兎だって赤ちゃんだって生きてるんだ。
お金じゃないの。

哀しい辛い悔しいことです。
でも母さんも父さんも頑張られた。
きっとすぐにでも忘れたかったんだろうけど
辛いのにがんばらはった。

私にもできるだろうか・・・
こんなに強く長くがんばれるだろうか・・・

No title
犬は家族です。大切なひとつの命です。
それなのに・・・酷すぎますね。
当時の加害者の対応を読んで、怒りと言うよりも
非情なまでの態度に落胆しました。
私もその頃まだブログをしておらず、このような
ことが起きていたことを知りませんでした。
協力できず残念に思います。
このような悲しくて納得のいかない事故が二度と
起きませんように。。。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
はじめまして、いつもブログ拝見しています。
今回初めて事件のことを知りました。
加害者の対応も犬が物だという判決も信じられません。哀しみの気持ちでいっぱいです。

ワンちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。