FC2ブログ

Article

                   
        

彼の島 時を超えて 国を越えて

category - 雑記
2013/ 06/ 05
                 


2003年10月、
パリのエコール・ノルマル音楽院から川棚のホテルに、
1本の問い合わせの電話が入りました。

コルトーが設立したエコール・ノルマル音楽院には
カワタナにある夢の島の話が残されていました。

「僕の名前の島が日本にあるんだ」
と楽しそうに話し、孤留島、と彫った印鑑を、
手紙のサインの脇に必ず押していました。

コルトー没後40年の記念事業として、
生前コルトーが周囲に話していた
カワタナで見つけた夢の島探しが始まり、
ついに孤留島と厚島とが再び結びつきました。

2007年4月川棚温泉まちづくり協議会がパリ市のエコール・ノルマル音楽院を訪ね、アンリ・ウジェル校長とコルトーの息子ジャン・コルトー氏と面会。
2008年11月パリで下関市とエコール・ノルマル音楽院とのパートナーシップを結ぶ調印式。
2010年1月17日コルトーが滞在したホテル跡地に「下関市川棚温泉交流センター 川棚の杜」が完成。 音楽ホールとしても使用される大交流室が設けられ、その名も「コルトーホール」と命名されました。


ポチッとね。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
ふうふう
どうでしたか
お楽しみいただけたでしょうか?
bana
ありがとです。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
日本の島を気に入ってくれて
孤留島と彫った印鑑を作ったコルトー氏
コルトーホールを見たら
喜んでくれたでしょうね~(^^)

お祝いのメッセージを
ありがと~ですっ(^^)
No title
こんばんは♪なめこです。
楽しみましたとも♪ありがとうです。
そちらは音楽祭なども多いのでしょうかね・・・
No title
ティクレアさん
伝わった話から結びつくって
素敵だなと思いました。

なめこさん
コルトー音楽祭もあったようです。
小さくても繋がってる感が
何だか素敵ですね。