FC2ブログ

Article

                   
        

彼の島 誰も知らなかったお話し

category - 雑記
2013/ 06/ 04
                 
アルフレッド・コルトー(1877-1962)
ショパンの最後の弟子の一人エミール・デコンブに師事した方です。

1952(昭和27)年にただ1度、来日を果たし、
9月から11月まで全国各地で公演を行いました。
宇部、下関公演の10月7、8、9日、
川棚観光ホテルに宿泊しました。

宿泊したホテルの窓から見えた厚島と響灘の美しい風景に、
「天国のようなあの島でこっそり死にたい。ぜひ買いとりたい」

居合わせた人々や村長は大変驚き、
最初は冗談だと思い断りましたが、
「あの島に永久にお住みになるなら無償で差し上げましょう」

「私の思いはひとりあの島に残るだろう」とつぶやいたそうです。
集まった人々により、島の名前を
「孤留島(コルトー)」と命名することも提案されました。

しかし、既に75歳だったコルトーは帰国後病に倒れ、
思いを果たせぬまま、10年後にこの世を去りました。

その後、川棚村は合併、川棚観光ホテルも廃業となり、
孤留島の話は過去のものとなりました。。。が





ポチッとね。
にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
久しぶりに
記事の構成に
苦しみました。
bana
ありがとです。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

こんばんは♪なめこです(*^^*)
素晴らしいお話しありがとうございました。これ空と雲のトーナメントぜひ参加してくださいね♪綺麗な夕焼けです(*´ω`*)
No title
おはようございます
いつもありがとうございます。
素敵なお話しですね。
美しい光景にもきゅんっとしました。
No title
こんにちわ♪
素敵な 話ですね.*・゚
きっとそのホテルから見えたでしょう海と島の景色を 
こうしてみせていただいてありがとうございます
夕暮れの こころに沁みるようなうつくしいシーンですね.*・゚☆
お返事
なめこさん
トーナメント参加したら
一回戦で敗退でした〜
ぷぷぷ

イヴママさん
島の写真はiPhoneで撮りました。
これは去年の秋くらいかな。

れぃんさん
そのうち、ホテル跡付近から
写真を撮って見たいと思ってます。