FC2ブログ

Article

                   
        

category - 雑記
2012/ 11/ 21
                 
みなさまこんばんは、
ブリーダー崩壊、ペットショップの放棄犬。
つらいお話、少なくないですね。
これは、ある愛護団体の方が作られた
ブリーダー崩壊から残されたワンコを迎えに行った話です。

真実を伝えるために

見るのがつらい人の為に、
この中で、自分がもっとも感動した所を。
劣悪な環境の中でも、
保護団体の人が犬舎に入ると、
いっせいにわんこが尻尾を振ってるんです。
もう、大泣きでした。
其の後、いろんな動画を見ても、
人間にこんなにもひどいことをされていても、
どんな人が近づいても尻尾を振ってる。
そんなことしなくてもいいのに。。。

そんな事を思い出しました。
スポンサーサイト



                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

私も、ここ最近、この記事を見て、ここで保護された子達を、ケアされている方々のブログ巡りをし、色々考えさせられました
私も以前、ダックスを自家繁殖し、ブリーダーみたいな事をしていましたが、これは酷すぎる
ここまで、なってしまったのは、金儲け主義の成れの果てですね
私が、ちょこっとブリーダーをしていた時は、母犬が二歳になってから一年に一回の出産で、出産は2回しかさせず、ベビーちゃんは、こちらの勝手で、本当に可愛がって頂ける環境をお持ちの方だけにお譲りし、母犬は、二匹だけだったんで、二回出産したら、避妊手術をし、天命を全うして見送りました

命を命と思わず、物として扱い
産ませるだけ産ませたら、ポイ捨て

今の日本を物語る様です

私がブリーダーみたいな事をする前に、イギリスのブリーダーさんを訪問し、話をきいたのですが、
イギリスのブリーダーさんは、母犬が成熟してからベビーちゃんを産ませて、出産も2回か3回まで
リタイヤした母犬は、ちゃんと、リタイヤする前に、譲渡先を決め譲ったり、自宅の愛玩犬として飼われてました

今、日本の店頭に並んている、パピーちゃんのママ達が、このような状況下にいる子が多い
って、事を知らずに、パピーちゃんを見て、可愛いと、選んでいる

保護犬ちゃんのお預かり宅が、増え、一匹でも、生きながらえる事を望むしか有りません

感謝しています。
『声なきものたちの声』を視て、
泣いている場合じゃないな、と思いました。

私が属している
『ヒトと動物の関係学会』でも、今年のシンポジウムで
こうした「多頭飼い」問題を取り上げました。

早く元気を取り戻し、不幸な動物を減らすために頑張らなければ・・。

P.S.最近になって保護犬探しも始めました。
No title
本当に見るのがツライ画像ですね。
恥ずかしながら途中までしか見られませんでした。
いつかこういう光景を見なくて済むような日がくるといいのだけど。
今 動物に関心のない方たちも 悲惨な現実を知って目を向けて下さるようになるといいですね。
そのためにも微力でも自分のできることをしたいものです。
おへんじ おへんじ
くるみママさん
そうなんですよね、金儲けできるしくみがいけないと思います。
命を授かる、預かる、
そんな気持ちが薄くなってはかわいそうです。
出産回数を限定するくらいの規制があっても良いですよね~

すず❤ママさん
保護犬、うちも次があるとしたらそれ以外には考えられません。
自分たちが幸せになるためには、
彼、彼女たちの受難を少しでも取り除いてあげることは
避けて通れないと思います。
ここで学ぶことは多いですね~

てつハハさん
自分は最近、ランキングカテゴリーを
犬では無い所に少しですが移動しました。
動物と関係の無い人が少しでも見て、
感じてくれると嬉しいです。